読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスクユニオンのコピー、握手のオマケなのは一体何か

音楽
「音楽は、握手のオマケか。」
ディスクユニオンの広告がカッコイイと話題になっていたらしい。

ディスクユニオンが現代社会に向けたメッセージが痺れるほどクール | netgeek

 

確かに、特典商法のアイドルばかりがランキングに並ぶ時代に、一見、鋭いメッセージのように思えるが、どうしてもそうじゃないと言いたくなってしまった。

音楽は、
握手の
オマケか。
音楽は、
手を握るためにあるんじゃない。
音楽は、
心を震わすためにあるんだ。

 

「音楽」は握手のオマケなんかじゃない。
わたしはそう信じている。でもそれは、握手のためにCDを購入している人にとっても同じではないのかと思わずにはいられない。
握手やその他の特典のために何箱分もCDを購入する人は、きっと、その曲を聴き込んでいるのではないか。
きっと、歌詞を覚え、コール&レスポンスを覚え、振付を覚えているのではないか。
きっと、ライブに足を運び、ペンライトを振って踊り、叫んでいるのではないか。

 

これが「おまけ」なんだろうか。わたしには、そうは思えない。
それなのに、あのフレーズが一瞬カッコよく見えたのはやっぱり、特典商法ばかりの現状には疑問を感じるから。

 

今の時代、CDで音楽を聴いている人はどれくらいいるのだろう。
わたしは、とても好きなアーティストのCDは全て買う。けれどそれは「コレクション」だからだ。所有欲を満たすもの。CDもグッズのひとつ。
音楽を聴くという目的なら、ダウンロード販売とか、やっと出てきた定額聞き放題サービスとかの方が便利だし、公式でYouTubeに載せるところも増えた。
CDはもはや、音楽を聴くためには、必須の手段ではないどころか、古くて面倒な手段でしかない。
それなのに、音楽ギョーカイはCDを売ることに必死なように見える。音楽、もっと便利に聴きたいよ。

 

特典のためにCDをたくさん買っている人だって、音楽を軽んじてはいないと思う。しっかり楽しんでいると思う。
音楽を聴きたい。映像が見たい。イベントに参加したい。そのどれもに正当な対価を支払うよ。
でもきっと、そんなにCDはいらない。 「オマケ」なのは音楽じゃない。CDだよ。
ディスクユニオンのコピーは、「音楽」と「CD」を一緒だと思っているみたいなので、いい加減そこから離れてほしいなと思いました。

 

そういえばコブクロは、LIVE TOUR 2015 "奇跡" supported by Ghana にて販売したグッズの中で、「CD付ツアータオル」なるものを販売していた。まさにCDがオマケ。